HOME>Review>意外な食欲不振の原因がある!猫は環境の変化に敏感

意外な食欲不振の原因がある!猫は環境の変化に敏感

ペットフード

猫の食欲不振の原因が、発情期や拾い食いだったというコメントもよせられていいます。そういった場合はどう対処したらいいのでしょうか。経験者の方々の意見を参考にしてみましょう。

クチコミ

発情期に入って食欲不振になってしまいました【30代/男性】

ルナはメス猫で、1年くらい前に目が見えない状態でコンビ二の前でにゃあにゃあ鳴いてたのをうちの娘が拾ってきたんです。すぐに獣医師さんに診てもらったら生後4カ月くらいだそうで、白血病などのウイルスの検査もクリアし、めでたくうちの家族になりました。ルナは健康でやんちゃな三毛猫ちゃんですが、今年の夏は生まれて初めて発情期を経験しました。夜中に突然鳴きだし、しばらくすると食欲もなくなり、どんどん痩せていくようでした。動物病院に行ったら手術をしたほうが良いと言われて不妊手術をしました。小さい体で麻酔に耐えられるか心配でしたが、術後の経過は良好で食欲不振もなくなり、いまは傷跡も目立たなくなって元気になっています。

直前に拾い食いしたものの記憶が残ってるみたいでした【40代/女性】

猫が食欲不振になる原因はいろいろありますが、うちは魚を拾い食いしたのが原因でなったことがあります。いつものように夕方外に散歩&パトロールに出かけて、夜に遅く帰ってきましたが、そのときは普通でした。でも朝に大好物のカリカリの朝食をあげても食べる気配がなく、隅にうずくまったまま動かず固まったままです。その日の夕方になっても食べる気配がないので、すぐにかかりつけの病院に連れていきました。そしたら胃の中に消化しきれない魚の骨が残っていて、それが食欲不振の原因だったそうです。生魚は与えたことがないので、きっと外に行ったときにどこかでもらったか拾い食いしたんでしょう。幸い今は食欲が戻って元気になっています。