HOME>オススメ情報>猫の食欲不振も対策できるフードがある【選び方をチェック】

猫の食欲不振も対策できるフードがある【選び方をチェック】

猫

体に入れるもので動物の体は作られる

猫を室内で飼育している人が増えていますが、胃腸などの消化器官は大変デリケートなので、食べ過ぎると下痢をしやすくなります。小麦やとうもろこしなどの穀類は、消化吸収が良くないので、消化器官に負担が掛かり、食欲不振などが見られる場合があります。食欲不振が見られる場合は、消化吸収の良いキャットフードを与えてあげることが大事です。無添加で肉類中心のキャットフードは、安全性の高い素材で作られており、消化吸収が良く、食欲不振を改善しやすくなります。急にフードを変えてしまうと、食べなくなる場合があるので、毎日与えているフードに少しずつ加えてあげると、食べてくれるので、少しずつ切り替えてあげましょう。嗜好性の高い商品が多いので、慣れるとよく食べてくれます。

子供とネコ

グレインフリーのフードに注目

猫の体はとてもデリケートなので、消化吸収の悪いフードを食べると、食欲不振の原因になります。グレインフリーのフードは、アレルギーや消化不良の原因になる、小麦やとうもろこしなどを使用していないのが特徴です。子猫は消化器官が未発達なので、この時期から無添加で安全性の高いフードを与えてあげて下さい。グレインフリーのフードは動物病院の獣医師も推奨しているので、安心して購入ができます。インターネット通販や動物病院でも購入ができるので、自宅に常備しておくと安心です。猫が食欲不振気味の時や、下痢や便秘を繰り返している時は、獣医師の診察を受けさせましょう。国産のグレインフリーのフードは、安全性の高い食材のみで作られています。